• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「コロナ禍で迎える2回目の夏」

 観測史上最も早い梅雨入りだった近畿地方だが、このところは梅雨らしさというより、夏本番を思わせるような暑さに見舞われている。コロナ禍で迎える2回目の夏。昨年はマスク着用による熱中症の危険などが指摘されたが、基本的な感染予防として外すわけにもいかず、通気性をよくした夏用マスクを利用して過ごした。ワクチン接種が進み、屋外でも密にならなければマスクを外しても構わないという見解も示される一方、小売店や飲食店ではマスク着用での入店を呼び掛けており、このあたりの判断が難しくなりそう。
 
 夏の風物詩である花火大会だが、主要なところは昨年に続き中止が決まっている。自粛疲れの心をきっと癒やしてくれるものだけに残念だが、密を回避することは難しく、致し方ないところ。花火業者は窮地が続くが、日本の伝統を守るため、何とか公的支援をうまく使いながら踏ん張ってほしい。
 
 菅首相は9日の党首討論で、希望者全員へのワクチン接種を10~11月に終えたいという考えを初めて示した。それが実現すれば、来年の夏は3年ぶりに夏らしい夏になるはず。そうなることを望みながら動向を見守りたい。
 
【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ