• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「多種多様なこいのぼり」

 間もなく端午の節句を迎え、男児の健やかな成長を願って各地でこいのぼりが掲げられている。晴れた日に大空を泳いでいる姿を見ると、明るく清々しい気分になる。しかし近年は、少子化や住宅事情、節句に対する価値観の変化などから、庭に大掛かりなこいのぼりを立てる家庭は減ってきているようだ。

 一方で、カラフルでポップなもの、北欧風やレトロなもの、海外のデザイナーが作ったものを逆輸入するなど、こいのぼりもバラエティ豊かに。タペストリーのように壁に飾るタイプも人気のよう。

 我(わ)が家では3男が産まれた時に一念発起して、パッチワークのこいのぼりを作った。これがなかなか大変で、子どもを寝かしつけてから夜な夜な家族5人分をコツコツ縫ったものだった。水色や黄色などパステルカラーの趣味全開のこいのぼりだったが、意外と子どもたちには好評だった。

 先日、軽トラの荷台にはためく小さなこいのぼりを見た。お子さんやお孫さんに向けて飾ったのだろうか。走っている限りは風がなくても元気に泳ぐ。すてきなアイデアに子どもたちも大喜びしていた。

【織】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ