• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「新スポーツを楽しもう」

 ゲートボールは日本発祥のスポーツで、1947(昭和22)年、ヨーロッパの伝統的な競技「クロッケー」をヒントに考案された。当初は子どもたちが気軽に楽しむための遊びとして考案されたが、体力的な負担も少ないことから、高齢者向きのスポーツとして脚光を浴びた。

 新宮市の「スポーツボイス体験会」にお邪魔した。その盛況ぶりに驚いた。公認インストラクター・森まりかさんの活躍の場は、今や紀宝町のみならず、那智勝浦町にも及んでいる。東哲一郎氏が、海外の超一流アーティストとの豊富なレコーディングワークの経験から、日本と世界の差に愕然。日本人には息と声を出すための「身体をつくる」ことが足りないと確信。「発声」に特化したスポーツボイスを開発する。
 
 自治労三重県本部町村協議会のチャリティースポーツ大会では、「モルック」というスポーツを目にすることに。フィンランドの伝統的なゲームを日本風にアレンジ。ルールさえ覚えれば誰でもかんたんにプレーできる。屋外、屋内を問わず楽しめ、チーム戦のため勝利も悔しさも共有。普及の予感がする。
 
       【茂】
 

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ