• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「初詣でも感染予防」

 今年も残すところ1か月あまり。新型コロナウイルスに振り回された一年になったが、終息どころか、第3波が到来し、まだしばらくはコロナが日常生活から離れることはない。マスク着用や手指消毒は当初から求められる基本的な予防。たまにコンビニやスーパーに入るとき、マスク着用を忘れ、あわてて車に取りに戻ることもあるが、外出時は無意識に着用するまで習慣づいている。

 本紙エリアの神社や仏閣では例年通り、さまざまな迎春準備が進んでいる。一方で初詣に関して和歌山県神社庁が先日、「正月三が日に集中せず、分散して参拝してほしい」と呼び掛けた。同庁は、神社における感染症ガイドラインを作成し、県内約400の神社に配布した。その中では、多くの人が触る手水舎(てみずしゃ)の柄杓(ひしゃく)を撤去し、流水形式にすることを推奨。鈴緒の使用前後の手指消毒も呼び掛けている。また、参拝者の混雑を避けるため、さい銭箱の増設も提案している。
 
 熊野速玉・那智・本宮大社の熊野三山には全国各地から大勢の人が初詣に訪れる。神社の対策に加え、一人一人の感染予防が求められる。
 
【F】
 

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ