• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

くまの茶房

言葉が織り成す書の世界
和田眞遠さんの書道展
 
 和田眞遠さん(70)による個展「‒書‒風丰(ふうぼう)展(小品)」が9月3日(土)まで「くまの茶房」で開催されている。熟練の筆使いで描くように書かれた数々の印象的な言葉が、さまざまな額や和紙・木・石などの素材の中に配置され、表現の深い味わいを醸し出している。
 
 和田さんは、幼稚園のころに筆を持ってから現在まで書の道を歩んできた。教師として新宮高校、新翔高校、旧古座高校で書道を教え、定年後は新翔高校で8年間常勤講師を勤めた後に、現在も非常勤講師として教鞭を執っている。
 
 大学時代は漢文を専攻、書でも漢文の作品を多く制作している。和田さんは「言葉選び、題材選びが一番楽しい。古文書を引っ張り出してきて、『この文字がこの額にいかに合うか』などと考えている」と語る。
 
 個展は数十年ぶりという。過去の未発表作品や新作など29点を展示。作品は来場者にプレゼントしており、期間中、一人一作品まで応募できる。希望が重なった場合は抽選となり、当選者にははがきを送る(9月末までに同店で作品と引き換える)。
 
 和田さんは「見てもらって、気に入ったところがあれば持って帰ってもらえたら。お部屋に合うものを探してください。気軽に見てもらいたいです」と伝えている。
 
TEL0735-21-1761
新宮市井の沢10-7
営業時間/9時~19時
定休日/月曜日、第1・3・5日曜日
    今月は8/13(土)・14(日)も休業
 

      和歌山県

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ