• 備えあれば
    ツキノワグマに注意
  • 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

環境変化に組織力発揮 通常総代会で一致団結 南紀くろしお商工会

 南紀くろしお商工会は28日、那智勝浦町天満の町体育文化会館で、今年度の通常総代会を行った。優良事業所2件と優良従業員5人を表彰した後、昨年度事業と決算、今年度事業計画と予算を審議・承認。森川起安会長は、ポストコロナや物価高騰、デジタル化の進展などの環境変化に対して、商工会の持つ組織力を生かし、地域に活力を取り戻す役割を関係機関と連携しながら取り組んでいく方針を語った。
 
 森川会長は、人口減少という構造的な変化で厳しい状況にある中小事業者に対し、商工会が中心的役割を果たして、経営戦略に踏み込んだ創業支援や事業継承、経営計画の策定・実行、販路開拓に取り組んでいきたいとあいさつ。また、老朽化している商工会本所のリニューアル工事を今年度着工することも発表した。

 続いて表彰。優事業所表彰は、那智勝浦町長表彰1事業所、太地町長表彰1事業所。優良従業員表彰は、南紀くろしお商工会町表彰5人を表彰した。受賞者を代表して、辻弘哉さんは「厳しい状況だが、受賞を機に事業を通じて地域全体のさらなる発展のため、これからもますます努力をして、期待に添いたい」とあいさつした。

 その後、議事。昨年度事業報告では、円安やエネルギー・原材料価格の高騰、人手不足、自然災害など厳しい状況の中、小規模事業者の相談窓口を強化し、支援体制の充実を図ったという。また、新たな販路開拓に向けた取り組み支援のため、展示会への出店や物産展の開催、経営計画策定やその実施支援を行ったと報告。商工祭「南の国の雪まつり」は4年ぶりの開催となった。

 今年度事業計画では、中小・小規模事業者の事業継続と成長発展のため「課題解決型」の支援に加え、対話と傾聴を通じて本質的な課題の設定につながるよう「課題設定型」の支援に取り組み、事業者の自走化につなげる方針。また、ポストコロナ時代に向けた販路開拓支援、DX推進、後継者不在の事業者への第三者承継を含む事業承継、インボイス制度や働き方改革など環境変化の影響を受ける事業者への相談対応の強化など、さまざまな施策に取り組む。

◇       ◇       ◇

 受賞者は下記の皆さん。敬称略。

【優良事業所】

▽那智勝浦町長表彰
  塩谷設計事務所(塩谷 欣也)

▽太地町長表彰
  太地プロパン株式会社(辻 弘哉)

 
【優良従業員】

▽南紀くろしお商工会長表彰
  五味 卓也(リサイクルてらした)
  田中  太(華山運送)
  加藤 譲二(弓場清掃)
  田中 和久(中虎商店)
  左畑  薫(太地環境)

      那智勝浦町

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ