• 17時更新
    尾鷲、熊野、南・北牟婁郡
  • 17時更新
    新宮、東牟婁郡
  • 第49回春の陸上記録会 写真特集
  • 光洋中 体育祭 写真特集
  • 蓬莱・佐野・高田保育所 畑へ収穫 写真特集

「今日も安全運転で」 那智勝浦町で早朝街頭啓発

 春の全国交通安全運動(11日~20日の10日間)に伴う早朝街頭啓発が13日、那智勝浦町天満のAコープ那智店前から勝浦臨海交差点にかけて行われた。赤信号で停止した車の運転者に「交通安全運動を実施しています」「安全運転でいってらっしゃい」などと声をかけ啓発物を手渡した。
 同運動は、▽子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止▽自転車の安全利用の推進▽全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底▽飲酒運転の根絶▽横断歩道における歩行者優先の徹底(地域重点)-を掲げ、街頭啓発や交通安全教室を通して道路交通環境の改善を目的に実施される。
 早朝啓発には、堀順一郎町長をはじめ同町交通指導員協議会、交通安全協会、新宮警察署、同町消防本部、JAみくまの、同町教育委員会、同町役場が参加。230個の啓発物をそれぞれが配布し交通安全を呼びかけたほか、汐入橋バス停付近には「交通安全運動実施中」と書かれた横断幕が掲げられ、通り過ぎる車や自転車、歩行者にも交通安全運動の周知が行われた。
 堀町長は「全国的に悲惨な交通事故が続いており、そのような事故を防ぐために啓発を続けることが必要。啓発をきっかけに安全運転に努めていただければ」と話し、「横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる場合には車を停止させ、歩行者の横断を優先させるよう心掛けていただきたい」。同町交通安全協議会・塩﨑一男会長は「町内での交通事故を一件でも減らせるよう、皆さんの協力をお願いします」とそれぞれ呼び掛けた。

      和歌山県

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。