• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 新型ウイルス関連
    延期・中止のイベント
  • 3月28日掲載分追加
    人事異動

わがらじまん

Iターン移住者オーナーの挑戦
わがらのええとこを全国に
 
 「熊野のええとこ」を詰め込んだ、土産物物産店「わがらじまん』がこのほど、新宮市徐福にオープン。地元で馴染(なじ)みのある物から、今までにない、新しく生み出した南紀らしい物、地元企業や商店とコラボして作り上げた物など、「食」を通してこだわりの物を全国に発信している。
 
 「太地町の方々が他所に自慢したくなる物を」と生み出した、重大屋由谷商店とのコラボ商品は、南紀自慢の酒蔵・尾﨑酒造の「太平洋」を使った秘伝のタレに漬け込み、熟成させ、独自の燻製方法「紀州熊野燻し」で仕上げた鯨節に、和歌山県特産の「山椒」の薫りをまとわせた高級ソフトふりかけ『いさなしぐれ』。そのベースとなる「鯨ジャーキー」は、今までの鯨肉食品の固定概念を覆した物で、その味もさることながら、髭鯨特有の「バレニン」という、アスリートも注目の「抗筋肉疲労成分」を多く含む。
 
 また、ビタミンC、クエン酸はもちろん、抗酸化成分のエリオシトリンを多く含む、安心安全で、皮ごと食べられる、御浜町たかみ農園の「マイヤーレモン」をシロップ漬けにし、乾燥させたドライフルーツ『Hoshitaale』(ホシタール)は、「方言は観光資源」とした、オーナーこだわりのオリジナル商品。
 
 その他、「たかやま商店」とコラボし作り上げた秋刀魚の丸干しかんぴんたんの燻製、「金ぴんたん」は令和元年度、和歌山県優良県産品「プレミア和歌山」に認定され、南紀の新名産品になった。
 
 次々と生み出される「The南紀」の商品を生産販売する「わがらじまん」。オーナーは「小さな店だが、ただの土産物屋にあらず。地域活性化の起爆剤になれば」と話している。
 
 
TEL.0735-28-5566
新宮市徐福1−8−1
営業時間/10時30分~17時30分
定休日/月曜日
 

      和歌山県

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      3月30日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ