• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

丹精込めた庭を公開 オープンガーデン熊野 5月6日まで

 個人の庭を一般公開する「オープンガーデン熊野」(くまの花いっぱいネットワーク主催)が6日、熊野市の各地で始まった。今年は22家庭(個人・事業所・学校)が参加し、丹精込めた美しい庭を開放。春の花があふれる庭、緑の木々に囲まれたナチュラルガーデンなど作り手の思いの詰まった庭が訪れた人を出迎える。期間は5月6日(月)まで。
 
 同市金山町の中島和代さんの庭のタイトルは「緑の中のミニガーデン」。満開の枝垂桜(しだれざくら)の足元には、色とりどりの一年草、宿根草の花々が所狭しと咲き乱れている。「いつも時期が合わないのだけれど、今年は桜がちょうど満開で」と中島さん。大きく育ちきれいな青い花をつけたハーブを指して「このハーブはこぼれ種からここまで大きくなった」と笑顔をみせた。
 
 オープンガーデンに参加している家には案内板と旗の目印が表示されている。庭を見られない場合は旗が掲げられていないので確認が必要。鑑賞の際は、
  • 消毒(庭によってはマスク着用も)
  • 迷惑駐車・無断駐車はしない
  • 植物は傷めない
—などの注意を呼び掛けている。
 
 主催の「くまの花いっぱいネットワーク」は平成14年に「花いっぱいのまち・くまの」を目指し設立。山崎運動公園(有馬町)の整備や花栽培の講座・教室の開催など年間を通して活発に活動している。
 
 問い合わせは、熊野市市長公室(電話0597-89-4111)。
 
 
 熊野市の特産品の当たるチェックポイントスタンプ(スタンプラリー)には21家庭を対象に実施。参加の庭の紹介と地図を掲載したパンフレットは市役所や出張所、市内観光施設などで配布している。

      熊野市

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      5月29日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ