• 夏を感じる麺特集
    涼麺
  • 土用丑の日
    7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「消滅可能性都市に生きて」

 人口戦略会議が〝将来的に消滅する可能性がある〟744市町村を公表。10年前の896から改善したが、主な要因は外国人住民の増加であり、最大の懸案事項である少子化の基調は変化していない。

 三重県では本紙地域を含めた4市8町で、北勢は木曽岬町のみ。そして、伊勢市と玉城町を除く県南部があてはまる。

 子どもを産む中心世代の20~30代女性が半数以下になる推計が根拠となる。通学距離に大学や専門学校がなく、若者がより高等な教育を受けようとすれば外に出ざるを得ず、この推計は自明の理といえる。

 地方の過疎化はどうしようもない社会の構造的な問題で、この流れを変える魔法は見当たらない。人口減少の撤退戦の中で、生活が維持できる長期的なまちづくりを考えていく必要はある。

 国全体の人口が減少する中で、一律の地方創生はない。存続するために知恵を絞り、活性化の取り組みを止めたまちから消滅に向かっていく。このすばらしいまちを生き残らせるために、あきらめることだけはしてはならない。

(R)

      4月27日の記事

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ