• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「平和への砦を築く」

 新宮ユネスコ協会の「平和の鐘」運動に立ち会った。新宮市千穂の宗応寺の山門2階の梵鐘(ぼんしょう)を会員が打ち鳴らし、平和を願っていた。第一次世界大戦の終戦日である11月11日を記念し毎年行われている。
 
 「平和の鐘を鳴らそう運動」は「つなげよう平和の心」を合言葉に「ユネスコ憲章前文、私の平和宣言」の浸透を通じて「心に平和の砦を作る運動」。ノーベル平和賞受賞者が作成したという平和宣言には、
  • すべての人の生命を大切にします
  • どんな暴力も許しません
  • 思いやりの心を持ち助け合います
  • 相手の立場に立って考えます
  • かけがえのない地球環境を守ります
  • みんなで力を合わせます
ーと6つの誓いが記されている。
 
 ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は、諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関。
 
 日本国憲法前文には「われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認する」と誓っている。われわれには、この目的を達成する責務がある。   
 
  【茂】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ