• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「秋の火災予防運動始まる」

 秋の全国火災予防運動が9日、始まった。15日までの1週間、各地で啓発活動や訓練を通して住民に防火意識を浸透させる。新宮市消防本部では、初日に団員らが消防車で市内を巡回し、火の用心を呼び掛けた。最終日には総合訓練を予定している。
 
 昨年の同運動初日、まさに広報活動に出かけようと出発式を行っていたところ、市内王子町で火災が発生した。啓発のはずが、まさかの火災現場直行という事態だったのを覚えている。
 
 空気が乾燥し、暖房器具も稼働し始める時季になることから、火の取り扱いには十分注意が必要だ。今年はコロナ禍でいろいろな行事が中止となっているが、火災や地震などの自然災害はいつ、どのような時であっても発生する可能性がある。火事は一瞬にして命や財産を奪ってしまう恐ろしいもの。火を取り扱っているときはその場を離れないことが最も重要。電話がかかってきたり、来客があったりすれば、火の元をいったん消して離れる。同時に物事を進めていると必ず忘れてしまう。
 
 住宅用火災警報器は10年を目安に交換することが必要。わが家もそろそろ交換時期に近づいている。この機会に確認してみようと思う。
 
【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ