• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース

紀南抄「相談することで被害防止」

 今月15日の年金支給日にあわせ、紀宝署と紀宝町高齢者見守り隊は同町内のスーパー店頭で、特殊詐欺被害防止を呼び掛ける街頭啓発を行った。ちょうどその日、三重県亀山市の50代男性が、有料サイトの未納料金に関するショートメッセージの電話番号に問い合わせて以降、現金合わせて7500万円などをだまし取られる被害にあっていたことが分かった。「なぜ」と疑問に思うような話。もはや高齢者だけではなく、誰もがだまされる可能性があるということか。
 
 紀宝署管内で今年に入っての特殊詐欺被害の発生はないが、三重県内全体を見ると件数、被害額ともに増加傾向だ。被害者の約8割が誰にも連絡や相談しないまま被害に遭っており、詐欺を見破った人はだましの電話を受けたあとに、家族と話して嘘であることを確認したり、周囲に話をしたりして被害を防止しているという。
 
 「自分は大丈夫」と思っていても、いざそのような電話がかかってくると慌ててしまうもの。ひと呼吸おき、家族や警察に相談することを約束事として、電話機の前にメモを貼っておくのも自己防衛手段の一つになる。
 
【F】

      紀南紗

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      12月 2日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      お知らせ