• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「5000杯の救い」

 映画や演劇に詳しくはないが、一目で心を奪われたシーンがある。『幸せの黄色いハンカチ』で、高倉健が演じた出所した男が6年ぶりのビールを飲む場面。大切そうに両手でコップを包み、一滴たりともこぼさぬように飲み込むシーンは、自分が飲むよりおいしく感じる。これまでの苦労と、生きてきた喜びを噛みしめる、まさに〝救いの一杯〟と言えるだろう。

 4年ぶりのコツまみバルは車を運転することになり、残念ながらアルコールを飲むことはかなわなかったが、それでも非常に楽しかった。店を巡りながら見知った顔に声を掛ける、普段気になっていた店に入ってみる、喧騒に耳を傾けながらウーロン茶やノンアルコールカクテルを飲むのは、決して悪くはない。5枚つづりのチケットが1000冊完売したから、〝後バル〟を合わせれば5000杯の救いが尾鷲であったことになる。

 家に帰り、なんだかたまらなくなり、冷蔵庫にあった発泡酒を開けた。楽しかった一日を思い出しながら、飲む酒は五臓六腑にしみた。

(R)

      不連続線

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ