• 涼麺
  • 7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

神賑行事、4年ぶりに 扇立祭の檜扇蔵出し 熊野速玉大社

三味線演奏や福引大会
 
 新宮市の熊野速玉大社は4日、例祭「扇立祭(おうぎたてまつり)」に使用するヒノキの大きな扇「彩絵檜扇(さいえひおうぎ)」を蔵出しした。同祭はコロナ禍で過去3年は神事のみ斎行(さいこう)していたが、今年は4年ぶりに扇立祭奉賛会による神賑行事も予定しており、盛大に営まれる。

 同社の扇立祭は毎年7月14日に斎行。国宝檜扇の写しを神前に開帳し、夏に流行しやすい病気や作物につく虫を追い払い、健康と五穀豊穣を祈願する神事。扇はその語源「招ぐ」から、本来神を招く用途から発生したもので、神の依り代(よりしろ)の意味を持つという。

 日本には国宝の檜扇が18握あり、うち11握が同大社に伝わる。檜の薄い板の木目の美しさを生かして彩色、金箔、銀箔が施され、室町時代から「熊野檜扇」として伝わっている。

 現在神事に使用している檜扇7握は昭和39年に模写された複製品(レプリカ)で、本殿の速玉宮のみ、先々代の上野殖宮司が模写したものを祀(まつ)る。檜扇のサイズは、本殿用の大きいものが高さ1.5メートル、幅1.65メートル。各社殿の6握は、高さ80センチ、幅1.3メートル。それぞれに色彩豊かな図柄が描かれている。

 蔵出しでは、収納箱から7握(あく)を取り出して並べて開き、ほこりを払い、虫干しした。また、巫女(みこ)が台座を丁寧に拭き上げていった。檜扇は数日間外気に当てた後、再び箱に収め、祭り当日の御開帳を待つ。濵中孝成禰宜(ねぎ)は祭りに向け、「コロナ前の盛り上がりが徐々に戻りつつある。皆さまが暑い夏を健康に暮らせますように」と話した。

 扇立祭は7月14日(金)午後6時から神事を行う。檜扇開帳は神事から午後8時まで。神事終了後には、境内の扇立祭舞台で、今年はミス扇コンテストに代わり、津軽三味線演奏を行う。三味線プレイヤー史佳Fumiyoshiさんと、史佳さんが2016年に結成した三味線ユニット「Three Line Beat」(スリーラインビート)メンバーの更家健吾さんとドラム&パーカッションRicaさんも訪れ、パワフルなステージパフォーマンスを披露する。更家さんは新宮市出身で、故郷での凱旋ライブになる。

 奉賛会では、マイナンバーカードを持参した小学生以下限定で豪華景品の当たる福引大会も行う。このほか、同大社敬神婦人会によるお茶席もある。
 
 
▼イベント情報
  • 日時
    7月14日(金)
    午後6時~
  • 場所
    熊野速玉大社

      新宮市

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ