• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • 高校野球速報
    串本古座高校
  • 高校野球速報
    木本高校

特殊詐欺被害を未然防止 機転利いた行動が奏功

新宮署 久保実香さんに感謝状
 
 新宮警察署(髙砂浩之署長)は10日、サイト登録料未払い名目での特殊詐欺を未然に防いだ功労をたたえ、ローソン新宮佐野店店員の久保実香さん(新宮市佐野)に感謝状を贈呈。贈呈式では、髙砂署長から感謝状が手渡されるとともに「機転の利いた行動が特殊詐欺を未然に防いだ」と感謝の意が述べられた。

 同署によると、今年5月21日。久保さんが同店で勤務中、電子マネー1万円分を購入した50代女性の行動に異変を感じ、女性を呼び止めたうえで警察に通報した。女性はカード購入後、カードの使用方法を他の来店者に尋ねており、普段来店する際にはこのような行動を見せないことから「これは特殊詐欺だ」と直感し、女性の携帯電話に届いたメールの内容を確認させてもらい確信に至ったという。

 通報を受け臨場した警察官の聴取によると、女性はサイト登録料未払い名目の詐欺に遭い、電子マネーの番号を犯人に伝えようとしていたところ、カードの使用方法が分からず、近くにいた来店者に尋ねているところを久保さんに声掛けされたとのこと。

 贈呈式には髙砂署長をはじめとする各課署員が出席。特殊詐欺を未然に防いだ功労をたたえ、髙砂署長から感謝状が手渡されるとともに、感謝の意が述べられた。

 久保さんは「常連さんだったので、いつもと違う行動に気付くことができた。女性の行動がおかしいと思い、女性にメールを見せてもらったところ明らかに詐欺だと確信した」と当時を振り返り、感謝状の贈呈にあたり「田舎ということもあり、あいさつなどの声掛けを通して地域住民とのコミュニケーションを大切にした接客を大切にしていることが今回の未然防止につながった。これからも地域の一員としての見守りを心掛けていきたい」と話した。

 久保さんは平成29年8月にも同店で特殊詐欺を未然に防いだとして感謝状の贈呈を受けている。

 髙砂署長は「久保さんのような方が地域にいてくださると心強い。犯罪は地域ぐるみで防いでいくことが重要で効果的であり、今回のように機転を利かせた行動をとっていただいたおかげで未然に防ぐことができ、大変うれしく思う」と話した。

 今年6月30日時点での県内での特殊詐欺発生は15件(前年比10件減)となり被害額は2357万円(6649万円減)となっている。うち新宮署管内では、4月に那智勝浦町で発生した特殊詐欺で50万円の被害を出した。

      新宮市

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      あづま寿司

      ニュースカレンダー

      お知らせ