• 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

中村左洲生誕150年展 海山郷土資料館で12月17日まで

 紀北町中里の海山郷土資料館で、特別展「三重の日本画家 中村左洲 生誕150年展」が開かれている。17日(日)まで。
 
 中村左洲は明治6(1873)年に三重県二見町今一色(現・伊勢市)の漁師の家に生まれた日本画家。漁の様子や海辺の景色を好んで描き「鯛の左洲」と知られており、「旧式祭典図」「明治二年伊勢行幸絵巻」など神宮に関係が深い作品も描いた。
 
 この地域でも左洲のファンは何人もいて、10年前から権兵衛の里や相賀いこいの家で「左洲を観る会」を毎年開いている。生誕150周年を機に、多くの町民に見てもらおうと企画した。
 
 展示されているのは掛け軸や短冊、手紙など約50点。掛け軸は左洲ならではの鯛、秋景山水の掛け軸、草花や鳥を描いた短冊のほか、手紙、家族の記念撮影写真、生家の写真などを展示している。
 
 開館時間は午前9時から午後4時30分まで。毎週月曜日は休館。

      紀北町

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ