• おせち・オードブル特集②
  • 宴会特集②
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「当初予算どうなる」

 紀北町議会の教育民生常任委員会は、主に広域ごみ処理施設建設計画について異論が集まり、当初予算案を「否決すべき」とした。本会議最終日に議決されるが、仮に当初予算が否決されれば、異常事態と言える。
 
 元々、広域ごみ処理施設建設計画は、一般質問や全員協議会でよく取り上げられてきたが、執行部は「建設予定地や代替の球場建設については尾鷲市の所管事項」などと答えるしかなく、もどかしい議論が続いていた。
 
 単純に是非や賛否が割れているというより、「反対している住民に納得してもらえる機会をつくるべき」「処理方式が時代の潮流にあっていない」「そもそもごみの減量化の施策を進めるべき」と各議員で意見が異なっているという印象。それらの意見も納得できるのだが、執行部が主張する広域化によるコスト削減のメリットは大きく、環境負荷の軽減にもつながる。
 
 議論を聞いてきて、ごみ問題は生活と環境に直結しており、哲学や信条がよく表れるテーマである。環境に十分に配慮し、住民の万全の理解を得て、コストもしっかりと削減する、全てかなうのが一番だが、現実問題としては難しい。議会の結論を見守りたい。
 
(R)

      3月15日の記事

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ