• 本日の新聞広告
  • 求人広告(4月25日掲載分)
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「行政事業の透明性」

 18歳以下の子どもに1人1万円のデジタルギフト券を配る大阪府の事業で、府が利用率を把握できない仕組みになっているという。ギフト券の調達と発送を行う事業者が「企業秘密」と回答しているのが要因らしい。報道によると、発送料や事務経費を含め子ども1人あたり税込み1万209円で落札しているとのこと。

 営業の秘密だとする事業者側の言い分も分からなくはないが、問題がある。最終段階で請求があった時に実績は分かるが、例えば、利用率が低いから周知を図ろうといった判断ができない。

 先日、昨年度に尾鷲市が発行した2種類の商品券の利用実績を取り上げた。配布分と販売分の99%が使用されたとのこと。このうちプレミアム付き商品券は予定の62.4%しか販売されなかった。

 経済活性化を図る目的ならプラミアム付き商品券を買ってもらった方がいいというのが個人的な主張だが、この結果を見ると、販売を増やすためにもう一工夫する必要があることが分かる。

 検証が可能な形で事業を進めることで、次に生かすことができる。これもまた、予算を有効的に使う方法であり、自治体にも国にも求められていることだ。

(M)

      10月 6日の記事

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ