• 本宮祭
  • 4月15日まで
    春の全国交通安全運動
  • 2024年人事異動
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

売上金は保護犬・猫のために 12月25日 新宮市でフリマ開催

ボランティア「TSUNAGU」
 
 猫の保護活動を行うボランティアグループ「TSUNAGU」は25日(日)午前10時から午後3時まで、新宮市田鶴原町の「はるて」でフリーマーケットを開催する。売上金は、保護した犬や猫のために活用する。
 
 当日は、これまでに寄せられた洋服(子ども~大人)、雑貨、食器などを安価で販売するほか、人気店5店舗がそれぞれの看板商品を用意して出店する。
 
 「Fmauve」(那智勝浦町)はドライミニブーケ、「musubi kicthen」(那智勝浦町)は弁当、「linen made」(新宮市)は手作り雑貨と犬猫グッズ、「つくんこ」(御浜町)は手作りクッキー、「はるて」は弁当、クリスマスケーキ(ミニホール12センチ)、野菜をそれぞれ販売する。また、「TSUNAGU」のフォロワーから募集した犬猫の写真展も実施する。
 
 駐車場は店舗横のスペースを確保しているが、台数に限りがあるため、乗り合わせでの来店に協力を求めている。
 
 「TSUNAGU」は、三重県南部、和歌山県南部を中心に5人で猫の保護活動をしているボランティアグループ。保護した猫を「しっぽハウス」(御浜町阿田和)で預かりながら里親を探すのが活動の中心。しかし、飼い主が決まるのは半分程度で、残りはボランティアで分担して世話をしている。中には体に障がいがあったり、病気を持っていたりする猫もいて、残念ながら死んでしまうケースも。松田さんは現在自宅で約30匹の猫を世話しているが、動物病院での検査にまずお金がかかり、無計画に繁殖ができないよう去勢手術を施す費用についても大半は自己負担のため、里親が見つからずにずっと世話をすることは経済的にも厳しいという。
 
 ボランティアの活動費の柱となるのは善意の寄付。「はるて」、「ほほえみかん」(熊野市)、きほう接骨院(紀宝町)、スーパーHATI(那智勝浦町)の各店舗の協力で募金箱を設置し、来店客に協力を呼び掛けている。
 
 フリーマーケットと保護活動に関する問い合わせは、松田さん(電話090-6806-4423)。
 
 
▼TSUNAGUインスタ
 
 
 
<イベント概要>
 
   猫の保護活動グループ「TSUNAGU」によるフリーマーケット
  • 日時:12月25日(日) 午前10時~午後3時
  • 場所:はるて(新宮市田鶴原)
     
  • 問合せ:
     松田さん(電話090-6806-4423)

      新宮市

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ