• 夏を感じる麺特集
    涼麺
  • 土用丑の日
    7月24日・8月5日
  • 本日の新聞広告
  • 17時更新
    三重 東紀州ニュース
  • 17時更新
    和歌山 紀南地方ニュース
  • イベント情報

不連続線「消費者物価」

 総務省が先日公表した物価情報。令和5年度の平均は生鮮食料を除くと前年に比べ2.8%の上昇となった。生鮮食料は、天候による価格の変動が大きいため除外されている。

 物価は経済の重要な指標の一つ。日本銀行もデフレ脱却の目安として、物価が安定的に2.0%以上上昇すること、を挙げていた。2年連続で2%を超える上昇となった。

 細かくみると、生鮮食料は7.2%増、生鮮食料を除く食料が5.4%増、光熱・水道は11.9%増。物価の調査には、めったに購入しないものも含まれており、5%から7%アップ、というのが肌感覚ではないか。

 その分、収入が増え、さらに企業が価格転嫁できる状況ならば好循環になるが、買い物の仕方が「デフレマインドに陥っている」という人も多いのではないか。個人的には、どうしても値引き札が貼ってあるもの、安い物を手に取るようになってしまっている。

 収入が増えて購買意欲が上がり、その結果物価が上がっているのではない。よい物価上昇につなげられるか、本年度が勝負だろう。

(M)

      4月24日の記事

      最新記事

      太平洋新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料
      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      ニュースカレンダー

      速報記事をLINEでお知らせ 友だち追加

      お知らせ